しょうじ眼科医院 丸亀市SHOJI EYE CLINIC

お知らせ

7月13日(土)臨時休診のお知らせ

ニュース

7/13(土)は都合により臨時休診とさせて頂きます。

前眼部OCT(3次元撮影装置)導入のお知らせ

ニュース

TOMEY社のCASIA2というOCT(3次元前眼部撮影装置)を導入しました。

角膜や水晶体(カメラのふたやレンズに相当)の断面が観察できます。従来のものより広範囲でかつ高い解像度の写真がより短時間で撮影できるようになりました。

円錐角膜などの角膜の形状の詳細評価、白内障手術前のリスク評価、緑内障診断などに威力を発揮します。

検査をご希望の方は気軽にスタッフまでお問い合わせ下さい。

OCT(3次元眼底撮影装置)導入のお知らせ

ニュース

TOPCON社のToritonという次世代型の

OCT(3次元眼底撮影装置)を導入しました。


網膜(カメラのフィルムに相当)の断面が観察できますが、従来のものより広範囲でかつ高い解像度の写真がより短時間で撮影できるようになりました。

加齢性黄斑変性症、また特に早期緑内障の診断、経過観察に威力を発揮します。

検査をご希望の方は気軽にスタッフまでお問い合わせ下さい。

超広角走査レーザー眼底カメラ撮影装置導入しました!

ニュース
網膜の超広角デジタル画像を撮影する走査型レーザー眼底カメラです。
瞳孔を目薬で拡げずに、一秒以下で眼内の82% (200°)を撮影することが出来ます。
(検査後、まぶしさ、かすみなどがないので安心して車で帰って頂けます。)
また従来の眼底カメラのおよそ8倍の範囲を撮影できるので、病気の見落としが少なくなります。
検査を希望される方はスタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

新しい技術を搭載したレーザ光凝固装置を導入しました。

ニュース

トプコン社のPASCALと言うレーザ光凝固装置を導入しました。従来のレーザ装置に比べ以下のような長所があります。

1.治療時間の短縮
2.痛みの軽減
3.網膜組織への熱障害の減少
4.黄斑浮腫の低減(レーザによる合併症)

適応疾患は糖尿病性網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔、中心性漿液性網脈絡膜症などです。

気軽にお問い合わせ下さい。